UVERworldの誠果(SEIKA)は新メンバー?真実の物語が今ここに!

誠果 せいか SEIKA 新メンバー

Spondored Link


どうも、わたなべです。

 

今日は、UVERworldに2014年に新メンバーとして入った『誠果』(SEIKA)について今日はその全てをまとめていこうと思います。

 

 

UVERworld最後のメンバー誠果について今日はまとめていこうと思います。

 

 

この誠果は、非常に深いエピソードがありますので、それをきっちり知っておきましょう!

 

誠果って女?

誠果

いいえ、男の中の男です!笑

 

 

「あれ、でもUVERworldに女の人居ません?」

 

 

「一石投じるとかKINJITOとか女の人の声があるので、その人が誠果だと思いました!」

 

 

いいえ、その人は、誠果ではなく、ASAMIさんです。

asamiさん

ASAMIさんは時々UVERworldの曲に参加してくれます。そして、女性ヴォーカルを主に担当してくれています。

 

 

ASAMIさんが関わった曲や、ASAMIさんについて知りたい方は下の記事からどうぞ!

 

 

UVERworldの曲で女性ヴォーカルのasamiって何者?シングルは?

 

よく間違えられますが、せいかはこのひとではありません。

 

誠果(せいか)の正体とは?

誠果 SEIKA せいか

この誠果とは誰なのか?なぜいきなりこの時期にUVERworldに入って来たのか?

 

 

じつは、誠果というのは、メジャーデビューする前からのメンバーです。

 

 

 

メジャーデビュー前、UVERworldの前身である、「SOUND極ROAD」の時代から、一緒にやっていました。

 

 

しかし、メジャーデビューするときに、元々のSONYのお偉いさんにSAXはいらない。と言われたそうです。

 

 

それでかなりもめたそうですが、誠果は自分の演奏の力不足を感じ、自ら正式メンバーをおりたそうです。

 

 

このときの事が曲になっています。それが「誰が言った」です。



上の動画の部分がその該当部分ですが、

 

「あれを言ったのは誰だ、1人減らしてデビューさせろ、言葉にできない悔しみも音楽で表現してみようほら」

 

 

 

という部分があります。これがSEIKAの一度の脱退の事を歌ったものだとおもいます。

 

 

 

 

そして、9年間耐え抜いてようやく正式メンバーに戻ったのです。

 

 

 

つまり、新メンバーではないのです!

 

 

正式メンバーになったときにライブで言っていた言葉がこちらです。

 

UVERworldとは結成当初から14年間 メンバーと共に音楽の道を歩んできました。

 

9年前、UVERworldのメジャーデビューが決まった当時僕はバンドに対して自身の力不足を強く痛感し、自分やメンバーが納得する力量がつくまでバンドを退く決意をしました。
この9年と言う時間は人からみれば遠回りとも思えるかも知れません。ですが、この下積みの時間は自分にとって本当に必要な経験でした。

 

 

この時間があったことでしか感じれなかった事、悔しさ、葛藤、得たもの、見えたものが沢山あります。

 

普通の人は、9年間もサポートメンバーに居て、耐えられますか?

 

 

 

下積み時代に一緒に出ていたメンバーは、テレビに映り、自分だけがサポートメンバー、

 

 

 

そんな中でも9年間腐らず努力し続ける、並大抵の事ではないです。僕では想像する事もできません。

 

 

 

でもコツコツ努力する事で、今誠果が居なくなってしまったら、UVERworldはまわりません。

 

 

 

だって誠果がマニピュレーターをしなければ、UVERworldの音楽は始まりませんし、あのサックスが無いと、COREPRIDEもKINJITOのクライマックスも何もカッコ良くありません。

 

 

チームと言うのは、みんなそれぞれ役割があるのです。

 

 

 

だからこそ、僕は以前AKBの総選挙をディすりました笑

 

巷ではAKB総選挙2015の予想で盛り上がってるけど、このイベントが集団を殺す



だって、はっきり言って、誠果が1位になるわけないやん!

 

 

でもチームって目立つ人と、目立たない人が居て、目立たない人が居るから目立つ人が目立てるのであって、

 

 

それで『目立つ人が偉い!』みたいな風潮になりかねない、総選挙は気に食わないです。

 

Spondored Link


 

誠果はUVERworldで使っている楽器や担当は?

実は、非常にマルチな才能を発揮していまして、様々な事が出来ます。

 

メインはサックス

誠果 SEIKA せいか

誠果がサックスを葺いている姿


メインでSAXをやっていますが、このサックスをやる理由も、TAKUYA∞が「誠果(せいか)SAXやれよ!」から始まったそうです。

 

 

サポートメンバーの時からも普通にライブには出て、普通にCDの音源にもはいっていました。

 

 

例えば、UVERworldが登録されたいたのが、5人だった時から、COREPRIDEなんかは非常にわかりやすいと思います。

 



上の動画を再生していただくとSEIKAが演奏するSAXから始まります。

 

 

ライブのときから全然参加していました。

 

マニピュレーター

誠果 せいか seika マニピュレーター

バンドと言えば、楽器メインですよね、ギターだったり、ベースだったり、その他に鍵盤と言われる『電子的音』これをパソコンで発音させます。

 

 

楽器以外の音全てをこの誠果が作り出しているのです。

 

リコーダーも、

誠果はリコーダーも吹きます。

 

 

23ワードでは、誠果は冒頭のリコーダーを吹いていました。

 

 

0choirは誠果に向けた曲であり、アルバムだった!

0choir

0choirのアルバムや曲は、誠果に向けたの想いを込められています。

 

それについては、こちらの記事で書きました。

 

なんと!UVERの0 choirにはこんな深い意味が!込められた誠果への思い

 

 

0と言うのは「出発点」と言う意味です。そしてchoirは聖歌と言う意味です。

 

 

 

この聖歌をもう一度ちゃんと読んでください!

 

 

聖歌(せいか)ですよね!そう!choirは誠果と書けていたのです。

 

 

 

それで考えると0choirの意味は、

『誠果がメンバーに戻ってきた最初の地点』と言う意味です。

 

 

だからよくライブでこの0choirをやるときに「始まりの合唱」というのです。



いかがでしたか?誠果についてめちゃくちゃまとめました!

 

 

やはり、仲間を見捨てるようなバンドにファンはつきません。

 

 

こんだけ沢山のファンに囲まれているのは、こうやって仲間を見捨てない、そういう精神が我々に感動を与えているからだと思います。

 

 

これからもやっぱりUVERworldは好きだなと思いました!

 

 

 

それでは今日はここまでです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

Spondored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

滋賀の片田舎から大学への進学とともに 上京してきました。 昔からUVERworldが好きで 同じふるさとということもあって 滋賀県ではかなりUVERworldファンがいました。 東京でもたくさんのUVERファンとつながりたいと 思ってこのサイトを立ち上げました。 このサイトを通じていろいろな人が 交流できたり、 LIVEに一緒に行ったり それぞれの場所で熱くなれる仲間ができれば いいなと思っています。