集え!UVERcrew!読者限定オフ会開催!

集え!UVERcrewの限定オフ会

UVERworldだったRYOHEIが脱退した理由とは?

SOUND極ROAD,RYOHEI

インディーズ時代からのUVERworldのファン(クルー)なら、よく知られていたヴォーカルのRYOHEI。




かつてはSOUND極roadでヴォーカルと活躍し、グループには欠かせない存在でした。
  
現在、RYOHEIはどうしているでしょうか?
  
気になるRYOHEIファンも多いと思います。

Spondored Link

インディーズ時代のRYOHEI

2000年に結成されたUVERworldの前身、SOUND極roadの時にはTAKUYA∞、彰、信人、克哉、真太郎、セイカと共にRYOHEIがツインヴォーカルとしてTAKUYA∞と活躍していました。
  
インディーズ時代はTAKUYA∞とRYOHEIの2人で「Ace∞trigger」と名乗っていて、その実力は今のUVERworldを超えるともいわれています。
  
TAKUYA∞曰く「RYOHEIはすごく歌が上手かった」と絶賛していて、その力量はTAKUYA∞を凌ぐほどだったそうです。

  
RYOHEIはTAKUYA∞の仲間でもあり良きライバルのような存在であり、インディーズ時代ライブハウスでライブを開催してもお客さんは3人と言う苦しい時の戦友でした。
  
その時は、RYOHEIのいないグループなど考えもしなかったでしょう。

Spondored Link

突然の脱退

しかし、RYOHEIとTAKUYA∞のツインヴォーカル時代は突然終わりを告げます。

  
SOUND極roadが段々と知名度が上がり、大阪・滋賀でライブを開けるようになった頃、RYOHEIがある女性と結婚することとなりました。
  
RYOHEIはインディーズバンドだけでは彼女との家庭を支えられないと思い一般の企業に就職する事となったからです。
  
当初TAKUYA∞は、RYOHEIが脱退することが決まった時、このままこのバンドも終わってしまうのだろうと思っていたそうですが、リーダーの克哉が「TAKUYA∞!お前が1人でヴぉーカルをやれ!
  
このバンドは終わらさへんぞ!」と言ってグループ解散の危機を乗り切りました。
  
↓克哉のリーダー秘話あり↓

UVERworldのリーダーがTAKUYA∞ではなく克哉であるアツい理由


TAKUYA∞を始めバンドのメンバーはRYOHEIの結婚を祝福して、RYOHEIはSOUND極roadを去ることとなりました。
   
SOUND極roadがUVERworldとしてメジャーデビューするのはその後の事でした。
  
しかし、TAKUYA∞とメンバーたちはRYOHEIを忘れることはありませんでした。
  
4thアルバム「AwakEVE」に収録されている「earthy world」の歌詞でRYOHEIの事を指すと思われる部分があり、2009年9月19日に開催されたロックフェス「イナズマロック 2009」では、「あいつがいなくなって」の部分を「RYOHEIがいなくなって」と歌いました。
  

 

現在のRYOHEI

メジャーデビューを前に惜しくも表舞台から去ることになってしまったRYOHEIですが、UVERworld20枚目のシングル「Baby Born & Go」の中でRYOHEIの声が入っています。
   
恐らく、SOUND極road時代の録音したものを今でも大切に持っているのでしょう。
  
ここにも元メンバーRYOHEIへの思いが伝わってきます。
  
SOUND極road時代にメンバーからもファンからも惜しまれつつ去っていったRYOHEIですが、今でもUVERworldのライブを見に来て、多くのクルーたちと一緒にUVERworldを応援しています。
  
また、現在もTAKUYA∞をはじめとするUVERworldのメンバーと交友関係にあり、今でも強い絆で結ばれています。

まとめ

今でも大人気のUVERworldですが、RYOHEIがもしメンバーとして残っていたらと思うクルーも多いかと思います。
  
絶対に今よりもパワーのあるUVERworldを観ることができたかもしれません。

 

しかし、音楽よりも愛する女性を守るために、恐らく苦渋の決断の末に彼女を守ることを決めたRYOHEIはやはりカッコいいと思います。

 

Spondored Link

集え!UVERcrew!読者限定オフ会開催!

集え!UVERcrewの限定オフ会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

滋賀の片田舎から大学への進学とともに
上京してきました。
昔からUVERworldが好きで
同じふるさとということもあって
滋賀県ではかなりUVERworldファンがいました。
東京でもたくさんのUVERファンとつながりたいと
思ってこのサイトを立ち上げました。

このサイトを通じていろいろな人が
交流できたり、
LIVEに一緒に行ったり
それぞれの場所で熱くなれる仲間ができれば
いいなと思っています。