UVER初の東京ドームの為に作られた「NO1」と「MONDOPIECE」に込めた想い

こんにちは、わたなべです。

UVERが以前イナズマロックフェスで
「東京ドーム2回目をやる!」

と言っていましたね!

本当に楽しみです。

わたなべは当時高校生で
滋賀県から東京にやって来たわけなのですが、

指をくわえて、
行くにも行けなかった
東京ドームライブ!

なので今回は絶対にいってやると意気込んでいます。

その当時東京ドームの為に
リリースされた新曲

「NO1」と「MONDOPIECE」





これにUVERworldが込めた想い!
それについて調べてみました!

Spondored Link

東京ドーム公演1曲目

東京ドームの一曲目として
様々な曲が候補に上がっていました。

デビュー曲であるD-tecnoLifeが候補に上がったり、

UVERworld最高のセールスを上げた儚くも永久のカナシ

当時の最新シングルであったクオリアだったり、

 

 

しかし、東京ドームはバンドでの憧れの場所

でもあり、特別な思い入れが合ったのだろう。

 

 

どれもしっくりこなくて、ついに

新しい曲を作る事にしました。

 

 

それが「NO.1」でした。
かなり強気なタイトルに感じます。

 

実際に冒頭でいきなり、

音楽会社などに対して喧嘩を売ってます。

 

「成功するはずがない、

売れるはずが無い

成功した途端手のひらを返す物どもに

つぐ、

 

俺たちがNO.1」

 

という歌詞で始まる。

 

 

2015年のアニバーサリーツアーで

代々木体育館のライブで、

 

TAKUYA∞が、

「来年消えるって言い続けてた

音楽会社のおっさん達が今日見に来てんだよ!」

と言っていたので、

 

この部分はレコード会社の

お偉いさん達に向けてはなった

言葉であると思われる。

 

NO.1は

「自分達のやりたい事や夢を恥ずかしがらずに

口に出して言える俺達がNO.1だ」という意味なのです!

 

自分たちのやりたい事を言えない人が多い!

とTAKUYA∞は思っているのでしょう。

 

しかし実際のところ

ほとんどの人は、

『やりたい事』さえも

見つかってはいないと思います。

 

私も何がやりたいかわからない。

だから毎日目の前の事を

一生懸命にこなす。

 

それ以外の事なんて何も出来ないと思います。

目先

 

ホリエモンもそんな事を

言っていた気がします。

 

話はズレましたが、

このような想いが込められているのが

NO.1で東京ドームの1曲目に

起用されました。

 

Spondored Link


 

<h2><font color=”red”>東京ドーム締めくくりの曲</font></h2>

東京ドームの最後の曲として

起用されたのがこの曲。

 

MONDOPIECEはもはや東京ドームだけでなく、

ありとあらゆるライブの締めくくりとして

使われています。

 

MONDO PIECEの

MONDOは素晴らしいと言う意味で、

PIECEはカケラとかいう意味で

素晴らしいカケラ。

 

 

 

いつもファンへの感謝を述べながら、

ライブの最後にこの曲を歌う

UVERworld

 

 

やはりこの

MONDOPIECEには

UVERクルーのみんなも

UVERworldの大切なピースだよ!

 

と言うメッセージなのではないか?と思います。

 

TAKUYA∞はしばしば

「みんなのおかげで此所に居る」

と言います。

 

自分たちの音楽を受け取る人がいて

始めてUVERworldは成立する。

 

だからあなたたちクルーも

UVERworldの一部だよ!

 

こういう意味だと思います。

 

 

Spondored Link


 

<h2><font color=”red”>少し変わって来たUVERworld</font></h2>

 

この東京ドームの頃は

誰かを見返す!

 

死ぬ気で頑張る。

 

歯を食いしばる

 

こういう表現が多かったと思われます。

しかし、周りの人がUVERworldを

認め始めて、

 

UVERの夢を応援したり、

一緒に目指したりする仲間が増える事で

 

ライブでもそのようなメッセージは減っていき、

一緒に幸せな空間をともにしたいと言う

メッセージが増えてきました。

 

デビュー10周年、

結成15周年を迎えた

UVERworld

 

これからの年もいままでにない

UVERworldの姿が見られると思います。

 

これからもやはり僕はUVERworld以外

ありえないんだろうな!と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

滋賀の片田舎から大学への進学とともに 上京してきました。 昔からUVERworldが好きで 同じふるさとということもあって 滋賀県ではかなりUVERworldファンがいました。 東京でもたくさんのUVERファンとつながりたいと 思ってこのサイトを立ち上げました。 このサイトを通じていろいろな人が 交流できたり、 LIVEに一緒に行ったり それぞれの場所で熱くなれる仲間ができれば いいなと思っています。