集え!UVERcrew!読者限定オフ会開催!

集え!UVERcrewの限定オフ会

普通に生きるってなんでこんなにも難しいんだろう

普通って一体何なんやろ

『普通って場所はここから、何光年先の場所なんだい?』

これは、もちろんUVERworldの0choirの一節である。

僕は、大学生のときに、
『普通に生きる』の普通って何なんだろう。と考えたことがあった。

普通ってめちゃくちゃ難しい

僕は、普通から除外された人間である。

僕は、今自分で作ったサイトやブログ、ユーチューブでお金を稼いでいる。
ブログを作ることなんてどこででも出来る。

旅行の旅先でも当然のように出来る。

だから、僕は会社に雇われていない
場所も縛られていない

僕にとって普通は難しすぎた。
平凡に生きることは難しすぎた。

僕は大学3年生まで『普通』を目指してきた。
でも、『普通』、『平凡』を求めることの過酷さと難しさを知り、更にその普通に生きるリターンのなさに絶望した。

というのも、僕の友達のお父さんの話を聞いて愕然とした。

友達は高校で部活が同じで、ポジションが隣(僕がセンターで彼がライト)だったので、自然と一緒にいる時間が長かった。

大学3年生のときに、部活の仲間で母校で集まった。

そのときに彼の父親の話を聞いた。

彼の父親は中学の先生だった。
大学生のときは、公務員として安泰だ!と思っていたに違いない。

公務員としてきっちり定年まで働いて、公務員として人生をまっとうするんだろう。

そう思っていたに違いない。それが一番簡単な生き方だと、、、

しかし、普通に生きることは過酷だった。

友達のお父さんは、いつもの通り中学に勤務しにいった。

その通勤途中に痴漢と間違われた。

職場では痴漢について噂されて
保護者にも広まり、
職場を辞めざるを得ない状況になってしまった。

結局、冤罪だったものの、
教師の職には戻れるような状況ではなかった。

友達のお父さんは49歳だった。

49歳のおじさんがまともに職にありつけるはずもなく、
今もなお就職活動をしつつ深夜の工事現場のバイトをしている。

おそらく彼のお父さんもこう思っていたはずだ。
「公務員だから安泰」
「公務員なら平凡でも安心して暮らせる」

でも、違った。

いい大学に行く。安定したいい企業にはいる。そしてそこで定年まで働き続ける。

確かに、普通で誰にでも歩めそう。
でも、ここまでに至るまでって実は
かなり険しい。

今回のように痴漢の冤罪で職を失う人もいれば、
車にひかれて、事故にあえば、
次の日から働けなくなる。

多少は、保証も降りるかもしれないが
雀の涙である。

自分が働けなくなったら、
それで収入は途絶える。

僕の父親は大企業に勤めていますが、
どんなに熱が出ても、
「休めない、お前たちのためだから、」
と言っていた。

これが普通なのか、と疑問に思ってしまった。。

一度事故にあって復帰に時間がかかれば終わり。
一度痴漢に間違われたら終わり。

普通に生きることってどうしてこんなに難しいんだ。

日本に生まれたら誰もが信じる『常識』

いい企業に入りなさい。
定年まで働きなさい。

これはいわゆる”正しいこと”なのかもしれない。

でも、UVERworldが言うように、

正しいことが幸せとかぎらないでしょ

出典:MONDO PIECE

 



先生や親の言うとおりに生きることは世間的に正しいことかもしれない。

でも、僕は
たくさんの間違いをしておろかでも、純粋に生きていきたいと思った。

楽して生きようとかそういうことではない。

でも、心がおもむくままには行きたいと思った。自分がやりたいと思ったこと、自分が行きたいと思った場所、

そういうところに制限がかかるような生き方はしたくないと思った。

遠いからと言って本当に行きたいUVERのライブに行けないような人生は嫌だった。

会いたい人が居るのに、仕事があるから今日は辞めておこう、みたいな人生は嫌だった。

なぜなら、

俺達はたった一度だけ生まれてたった一度だけ死んでいく

から。
僕らは一度生きたった一度だけ死ぬ
それならば、心の赴くままの生き方をしたい。

一切後悔したくないから。


Spondored Link

 

集え!UVERcrew!読者限定オフ会開催!

集え!UVERcrewの限定オフ会

1 個のコメント

  • 裕太くん、ご無沙汰しています(^○^)

    私も裕太くんの思考と同じです!
    世の中、大分変わりました。そして今もものすごいスピードで変わっているよね。そんな中で裕太くんの言うような、予期せぬ事故もあり得る。病気にだってかかるかもしれない。本当に普通である事の難しさを痛感する。でもそれに気づかない人がほとんどであることも事実。
    そして皆、不満や不安を持ちつつも自分は普通なんだと信じようとする。
    「好きなことを好きな時に好きなだけやる」こんなフレーズを教えてくれた人がいる。TAKUYA∞は正にそれを実践しているなと思った。普通に生きることは本当に難しいです。そもそも普通ってなに?て思うし。UVERworldの歌詞はその時々の自分の状況にリンクしてピンポイントで突き刺さる。たった一度の人生好きなことやったら良い!それが世間でいう普通のことじゃなかったとしても、自分に何が出来るか?じゃなく、自分に何が合うか?じゃなく本当に自分が選びたいもの選んでるか?ってことだろう!
    心の導きへ、始めよ今日がそのXday!
    まさに今これだよ!
    なんだか取り留めもなくなってしまったけど、ステキなシェアありがとう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    滋賀の片田舎から大学への進学とともに
    上京してきました。
    昔からUVERworldが好きで
    同じふるさとということもあって
    滋賀県ではかなりUVERworldファンがいました。
    東京でもたくさんのUVERファンとつながりたいと
    思ってこのサイトを立ち上げました。

    このサイトを通じていろいろな人が
    交流できたり、
    LIVEに一緒に行ったり
    それぞれの場所で熱くなれる仲間ができれば
    いいなと思っています。