集え!UVERcrew!読者限定オフ会開催!

集え!UVERcrewの限定オフ会

UVERworldのファンクラブに入るとどういう特典があるの?

んにちは、わたなべです。

 

僕は大学生になった瞬間から

UVERworldのCREWの証!

だとおもって

 

UVERworldの公式ファンクラブの

Neo Sound Wave

に入っています。

neosoundwave
今年2回目の更新をしましたが、

私はこのファンクラブ

「Neo Sound Wave」に入っていて

本当に良かったなと思っています。

 

もし入ろうか迷っている方がいたら

どういうメリットがあるか?

どういう特典があるか?

などについてお話しして行きますので、

 

「迷わず入るぜ!」と言えるように

頑張って書きますので最後まで読んでください!

 

Spondored Link


ファンクラブ会員冊子


ファンクラブに入ると、

ファンクラブ専用の冊子が貰えます。


ネオサウンド


この冊子には、

とてもUVERworldの深い内容が書かれていて、

ファンは絶対読んでおくべきです。



ファンクラブ冊子に書かれているもの

ネオサウンド

このときの冊子には、


・誠果の正式メンバー復活インタビュー!

・誠果の生誕祭について、

・誠果が復活し、6人での写真撮影について

・Φchoir,7日目の決意に関する情報


実は6人での写真撮影の写真は

集えUVERcrew!パソコン画面


このサイト「集え!UVERcrew!」の

パソコン用画面のヘッダーの画像

に使っています。



私が以前書いた記事、

「なんと!UVERの0 choirにはこんな深い意味が!込められた誠果への思い」


もこの冊子に書いてある事を

参考にして書きました。





ファンクラブプレゼント


「Neo Sound Wave」の会員には

「Neo Sound Wave」専用のグッズが

貰えます。



例えば、クリスマスには、

Φchoir仕様の赤いハンカチ(バンダナ)



Φchoirに何度も出てくるフルーツ

「リンゴ」とUVERworldのロゴ

UWマークが埋め込まれたものです。


Neo Sound Waveグッズ


他にも、継続するときには

継続特典が貰えます。


2014年から2015年の継続では

信太郎のドラムピンバッチが貰えます。

ネオサウンドグッズ


TAKUYA∞ブログを読める


TAKUYA∞のブログが

ファンクラブ会員専用で見る事が

出来ます。



なんとこのブログでは

TAKUYAが時々、

未発売の新曲情報を言っちゃう

ことがあります。


最新シングルの

「I love the world」に関しても

もともとは、

MONSTER」という曲だったのです。



TAKUYA∞のブログ

「Nothing can take the music from me」


このブログは本当に毎日更新していて、

毎日何か新しい記事が書かれていて、

飽きる事がありません。

スクリーンショット 2015-10-13 12.09.43

このような記事の更新率です。


20144月から毎日更新されています。


さすがTAKUYA∞です!!


ファンクラブ先行チケット販売


これがCrewとしては

1番うれしいのではないでしょうか?


一般販売は「先着順」であったり、

もはや「サーバー」が強くないと

チケットが取れない状況に

なっています。



チケットぴあでの一般販売でも

かなりの倍率となり、

なかなか取れないです。



なので、FC先行はチケットを取る

チャンスを増やすためには、

非常に有利!」です。


Spondored Link


最後に


なんと最後に会費を紹介しますが、

なんと3000円ちょいなんですよね。


私は他のファンクラブにも入っていますが、

ここまでのサポート体制は

ないです。


Neo Sound Wave

に登録して損はないです。


あなたもファンクラブに入りましょう!







集え!UVERcrew!読者限定オフ会開催!

集え!UVERcrewの限定オフ会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

滋賀の片田舎から大学への進学とともに
上京してきました。
昔からUVERworldが好きで
同じふるさとということもあって
滋賀県ではかなりUVERworldファンがいました。
東京でもたくさんのUVERファンとつながりたいと
思ってこのサイトを立ち上げました。

このサイトを通じていろいろな人が
交流できたり、
LIVEに一緒に行ったり
それぞれの場所で熱くなれる仲間ができれば
いいなと思っています。