【77日連続】TAKUYA∞の10kmランを真似したらホノルルマラソン出ることになった

どうも、わたなべです。

crewなら誰でも知っていると思います。TAKUYA∞の10kmラン。PRAYINGRUNの題材にもなったあれです。

それを真似してこんな呟きをし、LINE@で宣言してしまいました。

勢い余って発してしまったんですが、なんとか77日連続で10kmランをすることに成功しました。

たった2ヶ月ちょっとですが、この10kmランを毎日するだけで激変していきました。

本記事では77日連続10km走って変わったことと、これから目指すことを宣言していきます。

77日連続で10km走って変わったこと

めちゃくちゃ痩せる


今年の最初からどれくらい痩せたかと言うと、こんな感じ。

3ヶ月で-18kgです。90kgから72kgになりました。

これまでは、25歳って言うと「25歳に見えないです(もっと上の意味で)」って言われてきました。ですが最近は「25歳に見えないです(下の意味で)」って言われます。

(あ、今26歳です)

実際にツイッターでも言われました。
太っていた時

「貫禄ありますね」

とか

「大人っぽいですね」

って言われたことがありました。でも痩せて全く言われなくなったし、むしろ若く見られています。

 

貫禄があるね大人っぽいねは、デブの言い換えです。デブはデブであるだけで周りの人に無駄に気を遣わせています

 

部活にも入っていないし、なかなか運動する機会がなかったんでぶくぶく太っていましたし、まともに運動したのも3年ぶりくらいですかね。

足の皮膚がめっちゃ強くなった(グロ画像あり)

足の皮膚がよほどのことがない限りノーダメージになりました。

ちなみに初期の時の足の皮は弱々でした。

お目汚しすいません。このように足の皮がパックリ切れてしまい母指球(肉球みたいなところ)がムッチャ痛い。

足が着地すると痛いんですよ。すると膝をかばって走るようになるんですよ。

ただ、これもなくなってきて足の皮膚が破壊と再生されるうちにガッチガチになりました

サイヤ人のように皮膚は水ぶくれでビリビリに破れるたびにガチガチに強くなっていきました。

慢性的に筋肉痛ではあるもののだいぶ和らいできた

3月の上旬は毎日毎日痛みをこらえながら走っていました。いや、もはや走れない日もあるくらい激痛祭りでした。

ですが、最近はだいぶ和らいできました。

膝に謎のあざができていました。満身創痍で走っていました。

今も筋肉痛は永久にあります。しかし、それでも毎日普通に走れるくらいには頑張ってます。

10km40分切りました

 

View this post on Instagram

 

66日連続10kmラン ついに40分切りました(初日は65分) 目標はホノルルマラソンでサブスリー(42.195kmのフルマラソンを3時間以内)です。なので、努力の手を休めず圧倒的に毎日走ります。 まずは圧倒的にスピードに慣れるため10kmを35分切り呼吸面で慣れていきます。 また、太ももの筋力が不足しているのでスクワットで補強します。 今日は寝坊したので先にブログ書きました。3000文字弱 #uvercrew #uvercrewと繋がりたい #10kmラン #10kmランタイム #runcrew #サブスリー達成への道

わたなべ@ホノルルマラソンでサブスリー達成さん(@uv_nabe)がシェアした投稿 –

10kmランで40分切りました。初日は1時間を超えていました。というか完走できませんでした

たった2ヶ月で10kmラン40分切れました。継続の力は恐ろしいです。

10kmランを77日継続する方法

10kmランを77日継続する方法
  1. 劇的に小さいことから始める(not 0であることが大事)
  2. 環境を整える
  3. 毎日やる

10kmランを77日継続するのは気合いでは不可能です。人間の怠惰な心の支配力、伝染力はすごいです。

脳みそは「今日はやらなくていいや」っていう理由を探す天才です。なので、10kmランを77日継続する方法をご紹介。

1.劇的に小さいことから始める

10kmランとかいきなり毎日できるわけないです

そんなん無理です。実は10kmランは77日連続ですが、その2ヶ月前あたりから毎日じわじわ走っていました

 

2ヶ月ほど前から、「毎日ランニングシューズを履いて外に出る」という劇的小さい目標を掲げていました。というか10kmランを始める2ヶ月前って90kgほどありましたからね。

すぐに走ったら膝折れます。最初にダイエットの期間を設けました。ダイエットしながら毎日靴を履いて家を飛び出す習慣を作りました。

 

で、毎日靴を履いて外に出たら少しは走るんですよ。でも、走れるけど走ることを目標にしないのです。どこまでも自分に甘くすること。

2.環境を整える

では、いざ10kmランを走ろうとすると一気にハードルが上がります。なので、ここで罰ゲームルールを発動します。

10kmランを毎日できなかったら1万円支払うという罰ゲームを呟きました。


そして、これをLINE@でも流しました。そのおかげで、1万円払いたくないから走るようになりました。

 

ま、毎日報告してると、たま〜に絡んでくれる人もいるんで、

「あ、たまに見てる人もいるんだな」

って思えば、1万円払いたくないスイッチが作動されます。なので継続できます。

3.毎日やる

毎日継続する方法で、毎日やるってなんかおかしな気がするんですが、毎日やることが死ぬほど大事なんですよね。

脳みそは0か1かなんですよ。やるかやらんか。

 

習慣を作るためには1ヶ月ほど1を継続することです。最初は10km歩いてもいい。そしてだるい日も歩いてもOK。でも、とにかく1を積み重ねる必要があります。

0じゃないことが重要なんです。

 

毎日やらないと習慣はできません。

逆を言うと悪い習慣をやめるときは絶対に毎日0にするんです

 

酒、タバコ、全部徐々に減らしていくはダメなんです。悪い習慣を断つときは0にしないとダメなんです

 

糖質制限でダイエットしましたが、そのときは炊飯器も捨てましたし電子レンジも捨てました。糖質制限は気合いと根性でやるものではありません。

糖質を取ることさえも忘れた瞬間に糖分を摂る悪しき習慣から抜け出すことができます。

 

【宣言】ホノルルマラソンでサブスリー達成すると思う(3時間以下)

ホノルルマラソン

サブスリー=sub(下の)three(3)

つまり、フルマラソン42.195kmを3時間切るということです。これをホノルルマラソンで達成すると思います。

「達成すると思います」っていう謎の言い回しを使った理由は、正直毎日走るのが楽しくなってきたので、長期的な目標なんてどうでもいいんですよね。

 


最初は、TAKUYA∞に12月20日のランで勝つため(まさかこの後東京ドーム男祭りになるとは思いもしなかった)にやろうと思うんですよね。

普段は勉強したり、本を読んだり、パソコンに向かって文章を書いたりすることが好きなので、あんまりスポーツは好きじゃないんですよね。

そして20代後半にもなり、どんどん体力が落ちてきていました。でも遅すぎることはないってTAKUYA∞が言うもんだからフルマラソンに挑戦します。

 

完走することさえ難しいと思います。でも、多分僕ならやれますね。俺やし。

もちろん勉強もしてますよ。

サブスリー

食事もトレーニング方法も75日間我流でやってきましたが、本で勉強してトレーニングに生かしていきます。

師匠は金メダリストの高橋尚子選手を育てた小出監督です。

いくつか書籍を当たってみましたがやっぱり小出監督の本がいいですね。誰から学ぶかは頭を使って考えます。誰から学ぶかを決めたらあとは、思考停止します

5月15日の募集日に速攻申し込みました。

経験0だけで予想タイムサブ3.5に設定しました(フルマラソン3時間半切り)。

さあ、どうなることやら。

毎日インスタで10kmランの途中経過やってます

 

View this post on Instagram

 

66日連続10kmラン ついに40分切りました(初日は65分) 目標はホノルルマラソンでサブスリー(42.195kmのフルマラソンを3時間以内)です。なので、努力の手を休めず圧倒的に毎日走ります。 まずは圧倒的にスピードに慣れるため10kmを35分切り呼吸面で慣れていきます。 また、太ももの筋力が不足しているのでスクワットで補強します。 今日は寝坊したので先にブログ書きました。3000文字弱 #uvercrew #uvercrewと繋がりたい #10kmラン #10kmランタイム #runcrew #サブスリー達成への道

わたなべ@ホノルルマラソンでサブスリー達成さん(@uv_nabe)がシェアした投稿 –

毎日インスタで10kmランを投稿しています。もはや10kmランを継続することも意味はなくなりました。

TAKUYA∞ではなくフルマラソンを完走するための方法を教わりながら、トレーニングを変更していきます。

 

毎日弱音を吐きながらも走っています。筋肉や10kmラン、筋トレ、ホノルルに関して色々投稿していますので、ぜひフォローお願いします!!

ツイッターはサボりがちですがなんとかツイッターも毎日更新していきます!ぜひフォローお願いします!

スポンサーリンク

UVERcrewオフ会の案内

集え!UVERcrewの限定オフ会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

滋賀の片田舎から大学への進学とともに 上京してきました。 昔からUVERworldが好きで 同じふるさとということもあって 滋賀県ではかなりUVERworldファンがいました。 東京でもたくさんのUVERファンとつながりたいと 思ってこのサイトを立ち上げました。 このサイトを通じていろいろな人が 交流できたり、 LIVEに一緒に行ったり それぞれの場所で熱くなれる仲間ができれば いいなと思っています。